ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2011年度

定額電灯および公衆街路灯Aに係る新料金区分の認可について

2011年10月3日

 当社は、電気料金メニューである定額電灯(※1)および公衆街路灯A(※2)の電灯料金の一部を見直し、新たに「10ワットまでの1灯」に適用する料金区分(以下、「新料金区分」)を設定することとし、経済産業大臣に対し必要な申請を行いました。
 本申請は、省エネルギー、省CO2の観点から、LED照明をはじめとした高効率・小容量な照明機器の開発が見込まれることや、社会的にも普及拡大に対する期待が高まっていることを踏まえ実施するものです。

  1. (※1)定額電灯は、電灯または小型機器を使用する需要で、その総容量が400ボルトアンペア以下であるものに適用する電気料金メニューです。
  2. (※2)公衆街路灯は、公衆のために設置された電灯または小型機器を使用する需要で、その総容量が1キロボルトアンペア未満のものに適用する電気料金メニューです。

(平成23年9月12日お知らせ済)

 上記申請につきまして、本日、経済産業大臣より認可を受けましたので、お知らせいたします。
 新料金区分の概要は、以下のとおりです。

1.新料金区分の対象となるお客さま

 定額電灯および公衆街路灯Aでご使用される照明器具の容量が10ワット以下の場合で、当社へ新料金区分適用のお申込みをいただいたお客さまが対象となります。

2.新料金区分設定後の電灯料金

 新料金区分設定後の電灯料金は、下表のとおりです。
 なお、需要家料金、入力容量が10ワットを超える電灯の電灯料金および小型機器料金につきましては、料金区分および料金単価に変更はありません。

新料金区分設定後の電灯料金

3.新料金区分の実施日

 平成23年12月1日

プレスリリース 2011年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。