ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2011年度

泊発電所 モニタリングステーションにおける放射性よう素の検出について

2011年4月7日

 泊発電所および周辺地域では、モニタリングステーションなどを設置し、大気中の放射線量を常時測定している他、大気中の塵を定期的(1回/月)にサンプリングしております。
 本日、大気中の塵を測定した結果、ごく微量の放射性よう素(よう素131)を検出しましたのでお知らせします。

 現在、泊発電所は定格熱出力一定運転にて正常に運転を継続しており、よう素が放出されるような操作は行っておらず、発電所の排気筒の排気中によう素は検出されていないことから、本事象は泊発電所に起因したものではないと判断しています。

 今回確認された放射性物質の量はごく微量であることから、環境への影響はなく健康への影響もありません。

 なお、今後他のモニタリングステーション等において、泊発電所を起因としない放射性よう素等が検出された場合には、当社ホームページにてお知らせします。

検出された放射性物質濃度
採取期間 採取場所 よう素131
(ベクレル/m3
【検出限界】
H23.2.28~3.31 発電所ステーション 0.000025
【0.000014】
H23.2.28~3.31 堀株ステーション 0.000029
【0.000013】
  1. ※今回確認された放射性物質による最大濃度(0.000029ベクレル/m3)の空気を1日分呼吸した時に受ける放射線量は、約0.000024マイクロシーベルト(小児)であり、胸のエックス線検診(1回)で受ける放射線量(60マイクロシーベルト)と比べると約250万分の1と十分低い値です。

プレスリリース 2011年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。