ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2010年度

東北地方太平洋沖地震に伴う災害復旧応援の状況について(第5報:3月16日 15時00分現在)

2011年3月16日

 当社では、東北地方太平洋沖地震に伴う災害復旧の応援を進めております。

 現在の状況は、以下のとおりです。

  1. 東北電力株式会社への応援体制・状況
    1. (1)要員:当社49名、工事会社69名
    2. (2)車両:移動発電機車14台、高所作業車24台、建柱車12台、タンクローリー13台など、合計95台
    3. (3)主な活動状況:
      • 東北電力株式会社管内で配電線路の巡視および改修作業を実施しております。
      • 移動発電機車については、具体的な支援活動に関する調整を実施しております。
      • 東北電力株式会社管内へ可搬型の衛星通信装置を移送中です。
  2. 東京電力株式会社への応援体制・状況
    1. (1)要員:当社25名(原子力技術者8名を含む)、工事会社56名(原子力技術者3名を含む)
    2. (2)車両:移動発電機車16台など、合計44台
    3. (3)主な活動状況:
      • 避難住民への放射線計測業務を実施しております。
      • 東京電力株式会社管内へ移動発電機車を移送中です。
  3. 本州方面への電力融通
    • 北海道と本州を結ぶ送電線(北本連系設備、設備容量:60万kW)の健全性が確認されたことから、3月13日より、被災地での電力不足を支援するため、本州方面に対して電力融通(最大60万kW)を実施しております。
  4. 上記以外の応援
    • ガソリン携行缶など、新たな資機材の手配を進めております。
  5. その他
    • 上記の応援を行うため、北海道内の電力供給支障が解消した3月12日以降、社長を本部長とする「東北・東京電力支援対策本部」を設置しております。
    • 本対策本部を中心として、当社としてできる限りの支援を行ってまいります。

プレスリリース 2010年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。