ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2007年度

伊達発電所燃料輸送パイプラインの使用再開について

2007年12月11日

 伊達発電所燃料輸送パイプラインの改善工事につきましては、平成19年7月23日、消防法に基づく変更許可申請を行い、平成19年8月21日、北海道から変更許可(※1)をいただきました。
(平成19年8月21日お知らせ済み)

 当社は、平成19年8月22日より、変更許可に基づき、漏えい検知口設置等の改善工事を進めてまいりましたが、全ての漏えい検知口の設置と検査を完了し、本日、北海道から完成検査済証を受領するとともに、使用停止命令(※2)解除の通知をいただきました。
 今後、諸準備が整い次第、パイプラインの使用を再開する予定です。
 今後とも、発電所の安全・安定運転の確保と地域の皆様との信頼回復に、より一層努めてまいります。

  • (※1)

    漏えい検知口設置工事に係る移送取扱所変更許可(消防法第11条第1項)

  • (※2)

    平成19年4月9日、北海道から消防法(第12条の2第1項第1号)に基づくパイプラインの「使用の停止」を命じられました。

プレスリリース 2007年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。