ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2007年度

泊発電所3号機建設現場における白煙確認について

2007年9月29日

泊発電所3号機は建設中のところ、9月29日12時33分頃、巡視員が3号機建設現場(原子炉格納容器内通路)において、シート収納箱から白煙を発見しました。直ちに水をかけ、箱の内部を確認したところ、箱内に収納しているシートに焦げた跡がありました。

発生原因は現在調査中ですが、白煙発生箇所は、午前中の溶断作業の養生に使用していた防炎シートを収納していた箱であります。   

なお、今回の事象による外部への放射能の影響及び負傷者はありません。

また、泊発電所1,2号機の運転には支障ありません。      

本件については、北海道及び地元四カ町村に連絡済です。

 

【添付資料】

プレスリリース 2007年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。