ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2007年度

株式会社エナジーフロンティアの事業撤退について

2007年9月20日

 北海道電力株式会社(以下、北海道電力)およびほくでんグループの株式会社エナジーフロンティア(本社:札幌市、代表取締役:上山勇治、以下、エナジーフロンティア)は本日、エナジーフロンティアが行う「A重油を燃料とするオンサイト発電事業」(以下、A重油オンサイト発電事業)からの撤退を決定いたしました。

 エナジーフロンティアは平成12年11月、コージェネレーション市場の獲得や省エネルギーに対する社会的要請にお応えすることを目的として設立し、以来、主にA重油オンサイト発電事業を中心に事業を展開してまいりました。しかしながら、昨今の燃料価格の高騰・高止まりなどの経営環境の悪化により、今後の方向性について様々な角度から検討を重ねた結果、A重油オンサイト発電事業の継続が困難であると判断し、現在のご契約については、お客さまと協議のうえ、平成23年度末までに解約させていただくことといたしました。
 また、エナジーフロンティアが行っているこの他の事業については、ほくでんグループの会社に継承のうえ従来どおりのサービスを提供させていただくこととし、今後、事業の継承先等、具体的な内容についてグループ内で協議を進めてまいります。

 なお、北海道電力は、エナジーフロンティアのA重油オンサイト発電事業の撤退等に向けた体制の整備等を円滑に行うため、本日付で他の株主から株式を譲り受けることにより、エナジーフロンティアを完全子会社とするとともに、今後の事業撤退等に要する資金37億円程度を全額支援いたします。

 エナジーフロンティアについては、事業の撤退・継承が完了した後、会社を解散することとし、今後、具体的な検討を進めてまいります。


(参考)会社概要
会 社 名 株式会社エナジーフロンティア
本社所在地 札幌市中央区南1条東2丁目8番地2
代 表 者 代表取締役 上山 勇治
設立年月日 平成12年11月1日
資 本 金 1億円
事業内容
  • コージェネレーションシステムによる電気・熱エネルギーの供給
  • 空調設備からの熱等を利用した熱エネルギーの供給
  • 建物およびその付属設備のエネルギー消費の効率向上等に関するコンサルティング
  • 電気設備、空調設備の設計、施工およびメンテナンス
  • 電気設備、空調設備の販売および賃貸
株主および持株比率 北海道電力株式会社   55%
三菱電機株式会社    20%
北海電気工事株式会社 10%
出光興産株式会社     5%
興銀リース株式会社    5%
三菱商事株式会社     5%

プレスリリース 2007年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。