ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2007年度

柏崎刈羽原子力発電所で観測されたデータを基に行う泊発電所の概略影響検討結果について

2007年9月20日

 原子力安全委員会による「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」の改訂に伴い、平成18年9月20日付けで原子力安全・保安院より、稼動中又は建設中の原子力発電所について、新耐震指針に照らした耐震安全性の評価を実施・報告するとともに、これに先立ち実施計画書を提出する旨の指示がなされました。
 当社は平成18年10月18日、この指示に基づき、同院に「泊発電所の耐震安全性評価実施計画書」を提出しました。

(以上、平成18年10月18日 お知らせ済み)

 平成19年7月16日に発生した新潟県中越沖地震を踏まえた対応として、経済産業省及び北海道からの、泊発電所の耐震安全性の確保に関する指示及び申し入れに基づき、耐震安全性評価の実施計画を見直し、経済産業省及び北海道に報告しました。 
 なお、耐震安全性評価とは別に、当面の自主的な検討として柏崎刈羽原子力発電所で観測されたデータを基に設備に与える影響の概略検討を泊発電所1号機について実施し、1ヶ月を目途に報告する予定です。

(以上、平成19年8月20日 お知らせ済み

 当社は、新潟県中越沖地震により柏崎刈羽原子力発電所で観測されたデータを基に泊発電所の安全上重要な機能を有する主要な施設について、概略影響検討を実施した結果を取りまとめ、本日、経済産業省及び北海道に報告しました。
 検討結果の概要は、別紙のとおりであり、柏崎刈羽原子力発電所原子炉建屋の揺れによっても、泊発電所1、2号機の耐震設計上重要な施設の安全機能は維持されるものと考えられます。


【添付資料】

「柏崎刈羽原子力発電所で観測されたデータを基に行う泊発電所における概略影響検討結果報告書」の概要 [PDF:113KB]

プレスリリース 2007年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。