ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2007年度

泊発電所1号機の手動停止について

2007年9月19日

 泊発電所1号機(加圧水型軽水炉、定格電気出力57万9千kW、定格熱出力一定運転中)は、昨日、B-非常用ディーゼル発電機を定期試験のため起動したところ、13時37分、B-非常用ディーゼル発電機が自動的に停止し、その後、点検を行っていました。
 泊発電所原子炉施設保安規定(以下、保安規定)に基づき※1、本日15時49分、残りのA-非常用ディーゼル発電機の起動確認を実施しようとしたところ、起動できませんでした。

 このため、保安規定に基づき※2、原子炉を停止することといたしました。本日18時30分頃から泊発電所1号機の出力を徐々に低下させ、20日0時30分頃発電を停止する予定です。A,B-非常用ディーゼル発電機が起動できなかった原因、停止した原因については現在調査中です。
 なお、今回の事象による外部への放射能の影響はありません。

 本件については、原子炉等規制法に基づき経済産業省に、また安全協定に基づき北海道及び地元四カ町村に連絡済です。

(非常用ディーゼル発電機にかかる保安規定記載内容)
  • *1:

    非常用ディーゼル発電機1基が動作不能である場合、残りの非常用ディーゼル発電機を起動し、動作可能であることを確認する。

  • *2:

    非常用ディーゼル発電機2基が動作不能である場合、13時間以内に原子炉を停止しなければならない。



【添付資料】

泊発電所1号機 1階配置図[PDF:56.6KB]

プレスリリース 2007年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。