ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2007年度

平成18年度電力販売実績の概要

2007年4月26日

 平成18年度の販売電力量は、暖冬による暖房需要の減少による影響はあったものの、オール電化住宅の普及拡大に加え、燃料価格高騰による自家発から当社電力購入への切替による需要増があったことなどから、315億1千2百万kWh、対前年伸び率は2.2%と、平成14年度から5年連続のプラスの実績となりました。

1. 特定規模需要以外の需要(自由化対象以外の需要)

  • 電灯

    冬季の気温が前年に比べ高く推移したことによる暖房需要減の影響をうけたものの、オール電化住宅の普及拡大に伴い、時間帯別電灯(対前年伸び率9.4%)が高い伸びとなったことなどから、対前年伸び率は0.9%と堅調な伸びとなりました。

  • 電力

    暖冬・少降雪による融雪用電力(対前年伸び率マイナス2.5%)の需要減に加え、低圧電力(対前年伸び率マイナス1.9%)の契約電力が減少したことから、対前年伸び率はマイナス2.3%と前年実績を下回りました。

2. 特定規模需要(自由化対象需要)

 業務用需要の「商業施設」の新増設や産業用需要の「鉄鋼業」、「紙・パルプ」の需要増に加え、燃料価格高騰による自家発から当社電力購入への切替などから、対前年伸び率は3.7%と高い伸びとなりました。

【参考】大口電力

 「食料品製造業」(対前年伸び率12.2%)などで自家発から当社電力購入への切替に加え、「鉄鋼業」(対前年伸び率16.1%)や「紙・パルプ」(対前年伸び率9.6%)の需要増などから、対前年伸び率は7.0%と高い伸びとなりました。

プレスリリース 2007年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。