ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2007年度

人事措置について

2007年4月20日

 当社は、経済産業省原子力安全・保安院の指示に基づき発電設備に関する点検を実施した結果、一部にデータ改ざんや法令に基づく手続きの不備があることが判明し、点検結果報告書を提出いたしました。また、本報告書提出後、伊達発電所の燃料輸送パイプラインにおいて、一部漏えい検知装置の不正な運用が明らかになりました。

 これらの件で、立地地域をはじめ広く社会の皆さまの信頼を著しく損ね、多大なるご迷惑をおかけしたことに対して、経営管理責任の観点から取締役に対する人事措置を取るとともに、理事以下の関係者につきましても役職に応じた措置を行いました。


(取締役)

代表取締役会長 南山 英雄 減給30% 3ヶ月
代表取締役社長 近藤 龍夫 減給30% 3ヶ月
代表取締役副社長 濱田 賢一 減給20% 3ヶ月
代表取締役副社長 矢野 義尚 減給20% 3ヶ月
常務取締役(発電本部長) 菅 伸之 減給20% 3ヶ月

(理事以下)

理事火力部長 脇 千春 減給10% 1ヶ月



伊達発電所長 減給(4月20日付で任を解く)

水力部長、砂川発電所長・奈井江発電所長、苫東厚真発電所長、知内発電所長、火力部火力保守グループリーダー、旭川水力センター所長、静内水力センター所長 厳重注意

計14名

プレスリリース 2007年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。