ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2007年度

発電設備点検に係る今後の取り組みについて

2007年4月6日

 当社は、経済産業省原子力安全・保安院(以下、原子力安全・保安院)からの指示に基づき当社の火力発電設備、原子力発電設備、水力発電設備におけるデータ改ざん、必要な手続きの不備などの問題がないか点検を実施し、その点検結果報告として、原子力安全・保安院および北海道に「発電設備の点検結果報告」を提出しました(平成19年3月30日にお知らせ済)。

 本日、既にお知らせしている再発防止対策に加え、全電力大で取り組む原子力部門の事故・故障情報の共有等の取り組みを反映した報告書を提出しましたのでお知らせいたします(別紙を参照願います)。

 当社は、電力各社、メーカーおよび日本原子力技術協会※1等との連携を強化し、日本原子力技術協会の「原子力施設情報公開ライブラリー(ニューシア)」※2を通じた原子力発電所における事故・故障情報の一層の共有化などに取り組んでまいります。

  1. *1日本原子力技術協会:
    原子力産業界全体が総力を結集して、自主保安活動の向上、安全・安定運転の確保および社会からの信頼の回復に努め、原子力の活性化に取り組むことが不可欠であるとの認識のもと、原子力産業界を支援・リードする団体として、平成17年3月15日に設立。
  2. *2 原子力施設情報公開ライブラリー(ニューシア):
    日本原子力技術協会が運営する原子力施設の事故・故障やこれに至らない軽微な事象の情報、ならびに信頼性に関する情報を共有するためのインターネット・ホームページ。
    (ホームページアドレス http://www.nucia.jp/

別紙:「発電設備点検に係る再発防止対策および今後の取り組みについて」の概要[PDF:193KB]

プレスリリース 2007年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。