ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

個人のお客さま

スマート給湯

自然エネルギーを利用してお湯を沸かす、経済性にすぐれた給湯機器をご紹介します。

エコキュート※1

  • 空気中の熱を電気の力で取り込むヒートポンプシステムを活用するので省エネ。
  • 夜間の割安な電気でお湯を沸かすので光熱費がおトク。
  • 貯湯タンクにたっぷりお湯を貯めるので、キッチンと浴室で同時に使っても大丈夫。
  • 燃焼式ではないので、気になる燃焼音や燃料のニオイもなく快適※2
  1. ※1ヒートポンプシステムの性能は、外気温度などの外部環境によって異なります。冬期の最低気温が-25℃を下回らない地域でのご使用をおすすめします。メーカー・機種によって適用条件が異なりますので、あらかじめご確認ください。
  2. ※2ヒートポンプユニットの運転音は約40デシベルと、図書館並みの静かさ。測定条件などは、日本工業規格(JIS C9220“家庭用ヒートポンプ給湯機”)による。メーカー・機種・据え付け場所により異なる場合があります。

エコキュート

貯湯タンクの選び方

給湯使用量の目安

お風呂お湯はり1回200リットル、シャワー1回(8分)1人1日90リットル、洗い物・洗面・手洗い 1人1日40リットル

家族人数によるタンク容量の目安

  • 実際に使うときは水と混合して使うため、タンク容量の2倍程度のお湯が使えます。

使える湯量は設置環境・季節で変化します。

タンク容量の目安は、家族3~4人で370L、5~6人で460Lです。

省エネな使い方

  • 家庭の使用状況にあわせて、各メーカーがお勧めする最も効率的な沸きあげモード(例:おまかせ節約)に設定し、必要な量だけお湯を沸かし上手に使い切ることがポイントです。

  • ヒートポンプユニットの吹出口や吸込口がふさがれると、能力低下や故障の原因になります。通気が確保できるように、障害物を取り除きましょう。

メーカーや機種により呼称が異なりますので、取扱説明書などでご確認ください。

タンクのお湯は非常時に活用

  • エコキュートは、貯湯タンク内にお湯をためているので、万が一の災害時に断水となった場合、生活に必要な非常用水として活用することができます。
  • 飲用は避けてください。
  • 機種により機能や操作方法が異なりますので、詳しくは取扱説明書などでご確認ください。
本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。