ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

個人のお客さま

スマート暖房

自然エネルギーを活用してお部屋をしっかり暖める、環境にやさしい暖房機器をご紹介します。

寒冷地向けあったかエアコン※1

  • 空気中の熱を電気の力で取り込むヒートポンプシステムを活用するので省エネ。
  • 寒冷地向けに暖房能力を強化。立ち上がりも早くお部屋をすばやく暖める。
  • 1台5役※2(暖房・冷房・除湿・保湿・空気清浄)で1年中大活躍。
  1. ※1寒冷地向けあったかエアコンとは、外気温が-25℃でもメーカーが動作を保証するものをいいます。ヒートポンプシステムの性能は、外気温度などの外部環境によって異なります。冬期の最低気温が-25℃を下回らない地域でのご使用をおすすめします。メーカー・機種によって適用条件が異なりますので、あらかじめご確認ください。
  2. ※2機能はメーカー・機種によって異なります。

寒冷地向けあったかエアコンのイメージ

省エネな使い方

  • フィルターはこまめに清掃するなど定期的にお手入れしましょう。

機種によっては、フィルターやエアコン内部をキレイにする自動お掃除機能がついているものもあります。

  • ヒートポンプユニットの吹出口や吸込口がふさがれると、能力低下や故障の原因になります。通気が確保できるように、障害物を取り除きましょう。

ヒートポンプ暖房システム(温水セントラル)※3

  • 空気中や地中※4の熱を電気の力で取り込むヒートポンプシステムを活用するので省エネ。
  • 放熱パネルや床暖房などに温水を循環させる温水セントラル方式なので、家のすみずみまで快適暖房。
  • 放熱パネルの穏やかな暖かさがふく射暖房の魅力。家中陽だまりのような心地よさ。
  1. ※3ヒートポンプシステムの性能は、外気温度などの外部環境によって異なります。冬期の最低気温が-25℃を下回らない地域でのご使用をおすすめします。メーカー・機種によって適用条件が異なりますので、あらかじめご確認ください。
  2. ※4敷地内に50~100m のボーリングをし、熱交換のチューブを入れる設置工事が必要です。ヒートポンプシステムの性能は、地中温度などによって異なります。
  3. ※5ヒートポンプユニットの設置数などは、メーカー・機種によって異なります。

ヒートポンプ暖房システム(温水セントラル)のイメージ

省エネな使い方

  • 放熱パネルや床暖房パネルの温度設定は、室温に合わせてこまめに調節しましょう。
  • ヒートポンプユニットの吹出口や吸込口がふさがれると、能力低下や故障の原因になります。通気が確保できるように、障害物を取り除きましょう。

スマート暖房と電気蓄熱暖房器の省エネ比較

ヒートポンプ暖房システム(温水セントラル)と電気蓄熱暖房器の使用電力量比較(年間)

空気の熱を活用するヒートポンプシステムなら、深夜電力で蓄熱レンガに熱を蓄え、昼間に放熱する電気蓄熱暖房器と比べて使用電力量は大幅ダウン。例えばヒートポンプ暖房システム(温水セントラル)と電気蓄熱暖房器を比較すると、戸建住宅ではなんと半分以下に。
ヒートポンプを選ぶことで、快適さに加え大きな省エネ効果も得られます。北海道の暮らしに欠かせない暖房だから、ヒートポンプで暮らしをスマートにしましょう。

高性能住宅と相性ピッタリ

高気密・高断熱の高性能住宅は、室内の熱が外へ逃げることを抑え、暖房に必要となるエネルギーを少なくすませることができます。さらに、空気の熱を利用するヒートポンプ暖房にすると、暖房で消費するエネルギーを抑えることができます。
高性能住宅とヒートポンプ暖房を組み合わせることにより、より省エネルギーで快適な住宅を実現します。

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。