ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

スマート電化に関するよくあるご質問

オール電化機器全般

Q

オール電化機器の不具合で困ったときは、どうすればいいの?

A

オール電化機器の操作や設定方法、不具合時の対処方法は、ほくでんサービス株式会社のホームページでご案内しています。

別のウィンドウで開きます。電化機器の操作・設定方法・不具合時の対処方法(ほくでんサービス株式会社)

また、お電話でのご相談を希望される方は、ほくでんリビング相談センターまでお問い合わせください。

0120-155-680
月曜日~土曜日 9:00~17:00
(休業日/日曜日・祝日・12月29日~1月3日)
緊急のお問い合わせは、営業時間以外も承ります。

ヒートポンプ機器全般

Q

ヒートポンプ機器の室外機の運転音はどれくらい?

A

運転音は、約40~52dBであり、静かな室内程度です。

エコキュート

Q

家族が多いけど、お湯の量は大丈夫?

A

実際にお湯を使うときは水と混合して使うため、タンク容量の2倍程度のお湯が使えます。
また、急な来客などでお湯が足りなくなりそうなときは、沸き増し運転が可能です。
残りのお湯の量を検知して自動的に沸き増しする機能もあります。

下記のページを参考にタンク容量をお選びください。

Q

入浴剤は使用しても大丈夫?

A

使用できるものと使用できないものがありますので、メーカーへお問い合わせいただくか、カタログおよび取扱説明書でご確認ください。

寒冷地向けあったかエアコン

Q

寒冷地向けあったかエアコンは普通のエアコンと何が違うの?

A

寒冷地向けあったかエアコンは、暖房能力を強化したエアコンで、外気温-25℃でも運転が可能です。
普通のエアコンでは、厳寒期に暖房として使用することは難しいですが、寒冷地向けあったかエアコンは、主暖房として使用できます。

Q

できるだけ能力の大きいエアコンを選んだ方が安心?

A

お部屋の広さに合ったエアコンをお選びください。
過大な能力のエアコンを低負荷で運転することは、燃費を低下させることにつながりますので、適正な能力選定を行なうことが省エネにつながります。

Q

省エネのためにはこまめに運転を停止した方がいいの?

A

寒さが厳しい時期には、連続運転で暖房することをおすすめします。
エアコンは起動時に電気を多く使うため、短時間の運転・停止を繰り返すと、連続運転よりも効率が低下し、使用電力量が多くなる場合があります。
これは、自動車の場合に発進・停止が多くなると、連続走行に比べて燃費が低下するのと同じ原理です。

IHクッキングヒーター

Q

IHクッキングヒーターに替えたら、今まで使っていた鍋は使えるの?

A

ご家庭にある鉄製・ステンレス製・ホーロー製の鍋で、鍋底が平らなものは使用できます。
また、オールメタル対応のIHクッキングヒーターなら、さらにアルミ鍋や銅鍋も使用できます。
ラジエントヒーターの付いている機種ではIHクッキングヒーターで使えない鍋や小さな鍋が使用できます。

アルミ・銅鍋などすべての種類の金属鍋に対応しているIHクッキングヒーターです。
ただし、鍋底が反っている鍋や鍋底が小さい鍋など、 鍋の形や大きさによっては、使用できないものがあります。

Q

ガスコンロからIHクッキングヒーターへの取替えは簡単にできるの?

A

IHクッキングヒーターのサイズは、JIS規格に基づいていますので、システムキッチンに組み込まれているガスコンロからの取替えも、ほとんどの場合可能です。流し台にそのまま置ける据置タイプもあります。

Q

IHクッキングヒーターの設置にはどんな工事が必要なの?

A

屋内の分電盤から機器までの専用配線工事が必要となります。
お客さまの電気設備状況によっては、200V配線工事等が必要となる場合もありますので、具体的な工事内容および工事費については、電気工事店や販売店などにご相談ください。

工事の内容は主に3パターンありますので、次の図と表をご参照ください。

Q

IHクッキングヒーターの電磁波は大丈夫?

A

電磁波が人体に影響を及ぼさない磁界の強さについて、国内外で安全基準が設けられており、IHクッキングヒーターの電磁波はその基準を下回る数値となっています。

医療用ペースメーカーなどをお使いの方は、専門医師とご相談の上お使いください。

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。