エネルギー研究所 風力発電のしくみ

風力発電は、風のエネルギーを電気エネルギーに変換(へんかん)して発電します。風の力で風車をまわし、その回転を回転軸を通して、増速機(ぞうそくき)で高速にしてから発電機に伝えます。
大きな風力発電所はコンピュータで自動制御(じどうせいぎょ)されており、風の吹いてくる方向によって、つねに向きを変え、風の力を最大限に受けられるしくみになっています。また台風などで風が強すぎるときは、風車が壊れないように、羽の回転を止めたりします。
イラスト

もどる

All Rights Reserved. Copyright(c) HEPCO Hokkaido Electric Power Co.,Inc.