ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

緑化

【法面部の緑化状況】

法面部の緑化状況

【平坦部の緑化状況】

平坦部の緑化状況

生態学的混播・混植法による樹木植栽状況

工事に伴って生じた裸地は、速やかに緑化を行い、法面の早期安定、濁水対策および景観の保全に努めました。
緑化にあたっては、生態系および生物多様性を考慮し、周辺に生育している郷土産植物種から種子を採取して実施しています。
法面部は、オオイタドリやエゾヨモギなどの草本種による種子吹付けなどで緑化しています。
平坦部は、構造物に影響を与えない範囲で起伏に富んだ地形を創出し、工事実施に先立って剥ぎ取った表土を用いて生育基盤を整備した後、ダケカンバやアカエゾマツなどの木本から採取した種子を発芽・育成させた実生苗を「生態学的混播・混植法」により植栽しています。

生態学的混播・混植法
風倒に伴う根返り跡が自然更新されるのを参考に開発した生物多様性を考慮した樹林の再生法です。
施工地周辺の環境に生育(遺伝子の多様性)している多種類の樹種(種の多様性)からタネを採取して発芽・育成させた実生苗を植栽します。

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。