ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

系統側蓄電池の活用による風力発電の連系拡大

当社は、系統側蓄電池を設置し、それに係る費用を共同負担することを前提とした風力発電事業者を募り、風力発電の導入拡大を進めます。

概要

  • 系統側蓄電池(Ⅰ期)については、技術的に確実性が見込める規模として、風力拡大量を60万kWとし、系統側蓄電池(9万kW程度、36万kWh程度)を設置します。
  • Ⅰ期で募集した系統側蓄電池が4~5年後に実系統に導入されることから、導入後1年程度の実績を踏まえ、評価・検証を実施し、Ⅱ期として40万kW(計100万kW)の連系拡大について、検討を進めていきます。
対策内容 プロセス開始公表 募集期間 風力募集容量 蓄電池容量目安
系統側蓄電池(Ⅰ期) 2017年3月28日 2017年度 +60万kW 9万kW-4h程度
系統側蓄電池(Ⅱ期) Ⅰ期の導入状況を踏まえ検討 +40万kW 6万kW-4h程度

Ⅰ期の導入状況を踏まえ、評価、検証を実施。

事業のイメージ

今後のプロセス(Ⅰ期)

  • 系統側蓄電池の費用負担に係る入札、優先系統連系希望者の決定
  • 系統側蓄電池運用開始(2022年度予定)

系統側蓄電池の活用による風力発電募集(Ⅰ期)については以下をご覧ください。

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。