ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

中小水力発電所の導入状況

当社およびほくでんグループにおける再生可能エネルギー事業の中核を担うほくでんエコエナジー(株)では、これまで利用されていなかった河川水などを有効活用した中小水力発電所の建設や、既存の水力発電所の出力向上の取り組みを進めています。

建設計画

ユコマンベツ発電所

ユコマンベツ発電所

ユコマンベツ発電所は、既設の江卸発電所取水設備を一部改良し、これまで利用されていなかった河川水の未利用水力エネルギーを有効活用した発電所です。

設備概要

名称 ユコマンベツ発電所
運転開始 2014年6月20日
所在地 上川郡東川町
発電出力 710kW

2014年10月、発電出力を690kWから710kWに変更。

朱鞠内発電所

朱鞠内発電所

朱鞠内発電所は、雨竜発電所朱鞠内揚水所に揚水機能と発電機能を有する発電機を設置することにより、これまで利用されてこなかったかんがい放流の未利用水力エネルギーを有効活用した発電所です。

設備概要

名称 朱鞠内発電所
運転開始 2013年3月15日
所在地 雨竜郡幌加内町
発電出力 1,120kW

2013年9月、発電出力を880kWから1,120kWに変更。

新岩松発電所

新岩松発電所

新岩松発電所は、1942年に建設された岩松発電所の老朽化に伴う水車・発電機の更新に合わせて新設された発電所です。岩松ダムからの余水放流を有効活用し、最大使用水量を増加させることにより、最大出力の増加を図りました。

融雪期や降雨出水時に発電所の最大使用水量以上の河川水がダムへ流入した場合、発電所で使用できない分(余水)は発電所へ導水せずダムから河川へ直接放流しています。

設備概要

名称 新岩松発電所
運転開始 2016年1月27日
所在地 上川郡新得町
発電出力 16,000kW

ほくでんエコエナジー(株)の取り組み

滝上芝ざくら発電所

滝上芝ざくら発電所

旧「滝上発電所」の再開発工事を終了し、2013年12月に「滝上芝ざくら発電所」として運転を再開しました。

名称 滝上芝ざくら発電所
運転開始 2013年12月20日
所在地 紋別郡滝上町
発電出力 260kW

京極名水の郷発電所

京極名水の郷発電所

京極名水の郷発電所は、京極発電所の下部ダムである京極ダムから放流される自然放流水を有効活用する発電所です。

名称 京極名水の郷発電所
運転開始 2016年10月3日
所在地 虻田郡京極町
発電出力 410kW
本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。