ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

南早来変電所の大型蓄電池

本事業で使用する大型蓄電池(レドックスフロー電池)は2階建ての建屋に収納し、1階には電解液タンク、電力変換装置(PCS)、2階にはセルスタック、冷却を行うための熱交換器などを設置しました。
建屋の設置面積は約5,000m2で、小中学校の体育館の4倍程度に相当します。

  • 定格出力:15,000kW
  • 蓄電容量:60,000kWh

建屋外観

建屋外観

電解液タンク・電力変換装置

電解液タンク・電力変換装置

レドックスフロー電池の概要

レドックスフロー電池は、バナジウムなどの金属イオン電解液を循環させ、酸化還元反応により充放電を行う蓄電池です。酸化還元反応により電力の入出力を行うセルスタック、金属イオン電解液を蓄える電解液タンク、電解液を循環させるためのポンプなどから構成されます。また、電池の入出力は直流であることから、電力変換装置(PCS)により交流に変換し、電力系統と接続されています。このPCSは、電力の変換だけではなく、電池の充放電制御や装置の電気的な保護を行うなどの役割も担っています。

レドックスフロー電池の概要

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。