ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

再生可能エネルギーの固定価格買取制度について

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」は、「再生可能エネルギー特措法」(注)に基づいて制定され、太陽光、風力、バイオマスなどの自然の力を利用した再生可能エネルギーによって発電された電気を一定の期間・価格で電力会社が買取する制度として、2012年7月1日から開始されました。
また、電力会社が買取に要した費用(買取費用)は、社会全体で再生可能エネルギーを普及・拡大させていくために、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」として、電気をご使用になる全てのお客さまにご負担いただいております。

(注)「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」

ポイント1:「買取対象は再生可能エネルギー」

  • 太陽光、風力、水力、地熱およびバイオマスによる再生可能エネルギーを用いて、発電された電気が買取対象となります。

ポイント2:「買取費用は電気を使用する全てのお客さまが負担」

  • 買取費用は、国が指定した費用負担調整機関が算定する全国一律の単価により、再生可能エネルギー発電促進賦課金として、電気を使用する全てのお客さまにご負担いただきます。
  • なお、電力多消費事業者で国が定める要件に該当する場合は、再生可能エネルギー発電促進賦課金が減免されます。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度イメージ図

再生可能エネルギーの固定買取制度の詳細内容、適用等に関するご質問、ご意見につきましては以下にお問い合わせ願います。

資源エネルギー庁 再生可能エネルギー推進室

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。