ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

日本の周波数

周波数とは

交流の電気は、下図のように一定の周期で流れが変わります。
その周期を1秒間に繰り返す回数を周波数といい、ヘルツ(Hz)で表します。

周波数とは

日本には50Hzと60Hzの地域があるが・・・

日本では、50Hzと60Hzの地域があり、一般に静岡県の富士川を境に、東日本は50Hz、西日本は60Hzとなっています。
これは、電気事業が始まった明治時代、関東ではドイツから50Hzの発電機を、関西ではアメリカから60Hzの発電機を輸入していたことが原因といわれています。

周波数の違いが電気製品に与える影響は・・・

家庭で使われる電気製品の多くは、50Hzでも60Hzでも使用できるようになっています。
ただし、切り替えが必要なもの、使用できるがその能力が変わるもの、その周波数しか使用できないものもあるので、機器の取り扱い説明書等で確認してください。50Hzまたは60Hz専用の機器を、違う周波数で使用すると、故障したり、最悪の場合事故につながることもあるので、注意しましょう。

全国周波数分布図

全国周波数分布図

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。