ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

火力発電所 ~高稼働を支える~

動画

北海道電力公式YouTubeチャンネルに移動します。

YouTube側のサーバー状況やお使いの環境によっては、視聴いただけない場合がございます。

火力発電所の高稼働が続いています

泊発電所の停止により、火力発電所は高稼働が続いています。そのため、火力発電設備に大きな負担がかかっており、トラブルが発生する恐れがあります。発電所では実際に、機器の故障などによる計画外停止や出力抑制の件数が増加しています。

泊発電所停止前後の電源別発電の内訳

泊発電所停止前後の電源別発電の内訳
拡大表示します。拡大して表示する

火力発電所の計画外停止・出力抑制件数

火力発電所の計画外停止・出力抑制件数

トラブルの防止に向けて

日常の巡視・点検の強化

火力発電所の計画外停止・出力抑制などを未然に防ぐため、日々の巡視・点検作業を強化し、トラブルにつながる予兆を見逃さないよう努めています。例えば、「聴診棒」を使い機器の音を聴くことで異常がないか確認したり、ボイラー内部の様子も目と耳で確認します。

蒸気タービン軸受の点検

蒸気タービン軸受の点検

ボイラー内部の点検(目と耳で異常がないか確認)

ボイラー内部の点検
(目と耳で異常がないか確認)

定期点検

火力発電所は、各種機器ごとにそれぞれ決められている点検周期に基づき定期的に分解点検・補修を行う必要がありますが、現在は、電力の供給力を確保するため、震災特例(法律による措置)により、この定期点検を繰り延べるなどして対応しています。また、定期点検を行う際は、24時間体制で可能な限り工期の短縮を図っています。

分解した蒸気タービンの部品の点検作業

分解した蒸気タービンの部品の点検作業

蒸気タービンのカバーにあたる「内部車室」の点検作業

蒸気タービンのカバーにあたる「内部車室」の点検作業

技術継承

ベテラン層の多くが退職を迎えるなど世代交代が進む中、若手社員への技術継承に取り組んでいます。火力部門では、厚真町にある「火力技術研修センター」で運転訓練シミュレータや隣接する苫東厚真発電所の設備を活用した実践的な研修を実施しています。
高稼働が続き緊張感の高い現場で求められるものは、確かな技術力。ほくでんでは、電気を安定してお届けするため、このような設備を活用し技術継承に取り組んでいます。

蒸気タービン分解点検訓練

蒸気タービン分解点検訓練

運転操作を訓練するシミュレータ室

運転操作を訓練するシミュレータ室

【関連リンク】

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。