ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

産業廃棄物(2016年度)

環境要素 監視項目
廃棄物等 産業廃棄物 産業廃棄物

環境監視結果

〔単位:トン〕

種類 監視期間
2016年4月1日~2017年3月31日
主な資源化方法
発生量※1 有効利用量※1 処分量※1
汚泥 35,334 35,002 7 再生土
廃プラスチック類 222 197 19 リサイクル燃料の原料
金属くず 267 267 0 再生金属の原料
がれき類 1,427 1,426 1 建設材料
その他 471 402 51 リサイクル燃料の原料、再生路盤材
合計※2 37,721 37,294 77  
  1. ※1:有効利用量および処分量は減容した後の数値を含むものがあるため、これらの合計値が発生量と合わない場合があります。
  2. ※2:四捨五入の関係で合わない場合があります。

環境保全措置の効果の評価・検証結果

  • 可能な限り分別回収や有効利用などの環境保全措置を適切に行ったことにより、処分量の低減が図られていることを確認しました。
  • この結果から、取り組んだ環境保全措置は効果が得られているものと判断しています。

分別回収の状況

分別回収の状況

有効利用の状況

有効利用の状況

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。