ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

北本連系設備増強工事の概要

北本連系設備のルート

増強工事の設備概要

設備概要 着工 運転開始
送電設備 北斗今別直流幹線(電圧250kV、こう長122km)
  • 架空送電線(北海道側・本州側ともに約8割が山岳地を通過するルート)
    北海道側:77km(鉄塔205基)
    本州側:21km(63基)
  • 地中送電線:24km(津軽海峡部分は、青函トンネル内を通過するルート)
2014年4月 2019年3月
変電設備
  • 北斗変換所(北海道北斗市)
  • 今別変換所(青森県東津軽郡今別町)

※変換所:交流で送られている北海道と本州の電気を、直流の送電線で結ぶため、交流と直流を変換する設備

  • 北斗
    2015年3月
  • 今別
    2016年3月

※着工:経済産業大臣に対し電気事業法に基づく工事計画を届出した年月

工事工程

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。