ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

北本連系設備増強の必要性

北海道の電力系統の特徴

北海道の電力系統規模は400万kW程度で、東日本の4,300万kW、西日本の5,800万kWなど他の地域と比べて小さいという特徴があります。

また、本州とは容量60万kWの北本連系設備でつながっているのみであり、複数の発電所で故障が発生した場合は、電気が不足したり、電圧・周波数が不安定になるおそれがあります。

設備増強の効果

既存の北本連系設備は、30万kW×2極(計60万kW)で構成されていますが、設備点検時には半分の30万kWでの運用になります。また、設備の使用期間が長くなってきたため、今後の設備更新に伴い30万kWでの運用が長期におよぶ可能性もあります。

こうした際に北海道内の複数の発電所で故障が発生すると、電気が不足したり、電圧・周波数が不安定になるおそれがあります。このため、新たに30万kWの連系設備を建設し、常時60万kWの連系量を確保することで、将来にわたる道内の電力の安定供給を実現します。

設備増強

再生可能エネルギーの導入拡大にも期待

本プロジェクトによって増強された、北本連系設備を活用し、北海道内の再生可能エネルギーのさらなる導入拡大に向けた取り組みを検討していきます。

再生可能エネルギー

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。