ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

プルサーマルの経済性

プルサーマルが原子力発電コストに与える影響は1%程度です。

原子力発電コストのうち、燃料取得費の割合が約12%、プルサーマルの実施を予定している3号機の出力が泊発電所全体の約44%、3号機の原子炉あたりのMOX燃料の使用割合が最大でも4分の1であることから、プルサーマルが原子力発電コストに与える影響は、1%程度となります。

プルサーマルが原子力発電コストに与える影響

プルサーマルが電気料金に与える影響は軽微です。

ほくでんの費用は原子力発電にかかる費用のほか、火力発電費、水力発電費、その他費用などから成っており、費用全体のうち原子力発電費は約9%となります(2007年度実績)。
プルサーマルが原子力発電コストに与える影響は1%程度であり、これは、ほくでんの費用全体で見ると約0.09%程度です。このように費用全体に与える影響は小さく、電気料金へ与える影響も軽微と考えております。

プルサーマルが原子力発電コストに与える影響

PDFファイルを開きます。プルサーマルを実施した場合の電気料金への影響について [PDF:269KB]

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。