ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

原子力発電所の新規制基準適合性に係る審査会合への提出資料

第625回原子力発電所の新規制基準適合性に係る審査会合(2018年9月20日開催)

【保安規定変更に係る基本方針の改訂について】

加圧水型軽水炉(PWR)を保有する4社(当社、関西電力、四国電力、九州電力)から原子力規制委員会に対し、「保安規定変更に係る基本方針」の改訂について提出資料に基づき説明しました。
原子力規制委員会からは、本件について追加説明を求めるコメントはありませんでした。

保安規定変更に係る基本方針:新規制基準の施行を踏まえ、新たに追加となった要求事項を保安規定へ反映するため、4社共通の基本的な考え方をまとめたものです。各社の審査過程において見直しが必要となった場合は、適宜改訂を実施しています。

第619回原子力発電所の新規制基準適合性に係る審査会合(2018年8月31日開催)

【泊発電所 地盤(敷地の地質・地質構造)について(コメント回答)】

当社から原子力規制委員会に対し、地盤(敷地の地質・地質構造)に関するコメント回答について提出資料に基づき説明しました。
原子力規制委員会からは、地層の評価等について追加説明を行うようコメントがありました。また、当社において地層に関する必要なデータを整理し原子力規制庁へ説明した後、現地調査を行うとの意向が示されました。
今後、いただいたコメントを踏まえ検討を進め、審査会合等の場で説明してまいります。

なお、本会合では、地層の堆積年代の確認として補足的に実施していた光ルミネッセンス(OSL)年代測定における補正年代値に誤りがあったことについても提出資料に基づき説明しました。

第570回原子力発電所の新規制基準適合性に係る審査会合(2018年5月11日開催)

【泊発電所 地盤(敷地の地質・地質構造)について(コメント回答)】

当社から原子力規制委員会に対し、地盤(敷地の地質・地質構造)に関するコメント回答として「Hm2段丘堆積物の堆積年代に関する検討」について提出資料に基づき説明しました。
原子力規制委員会からは、地層の評価等について追加説明するようコメントがありました。
今後、いただいたコメントを踏まえ検討を進め、審査会合の場で説明してまいります。

Hm2段丘堆積物:約33万年前に堆積したと当社が評価した地層

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。