ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

放射線を受けるとどんな影響があるの?

放射線の健康への影響

一度に大量の放射線を受けた場合には、がんのリスクが高まるなど、人体に影響が出ることがわかっています。
しかし、100ミリシーベルト未満の放射線を受けた場合の影響については、がんのリスクの明らかな増加を証明することは難しいと、国際的に認識されています。
その理由は、100ミリシーベルト未満の放射線による発がんのリスクは喫煙や飲酒などの生活習慣によるリスクに隠れてしまうほど小さく、放射線の影響だと証明することが難しいためです。

【参考文献:内閣府ほか「放射線リスクに関する基礎的情報」(平成27年10月)】

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。