ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

主な設備の仕様

原子炉容器および炉心

  1・2号機 3号機
原子炉熱出力 約1,650MW 約2,660MW
原子炉容器 一次冷却水温度 約288℃(入口)
約323℃(出口)
約288℃(入口)
約325℃(出口)
原子炉運転圧力 約157kg/cm2G 約15.4MPa[gage]
主要寸法 内径 約3.4m 約4.0m
全高 約11.5m 約12m
最小肉厚 約110mm
(下部半球鏡部)
約130mm
(下部半球鏡部)
全ウラン装荷量 約49t 約74t

燃料集合体

  1・2号機 3号機
燃料集合体数 121体 157体
燃料棒配列 14×14 17×17
集合体当たり燃料棒数 179本 264本
集合体全長 約4.1m 約4.1m
燃料 低濃縮二酸化ウラン 低濃縮二酸化ウラン
濃縮度 取替燃料 約4.8wt%以下 約4.8wt%以下
被ふく材 ジルカロイ-4、
ジルコニウム基合金
ジルコニウム基合金

蒸気発生器

  1・2号機 3号機
型式 たて置U字管式熱交換器型 たて置U字管式熱交換器型
設置基数 2基 3基
一次冷却水流量 約15×103t/h/個 約15.1×103t/h/個
主蒸気運転圧力(定格出力時) 約58kg/cm2G 約5.75MPa[gage]
主蒸気運転温度(定格出力時) 約273℃ 約274℃
主蒸気発生量(定格出力時) 約1.64×103t/h/個 約1.70×103t/h/個
伝熱管 本数 3,382本/個 3,386本/個
外径 約22.2mm 約22.2mm
厚さ 約1.3mm 約1.3mm
全高 約20.6m 約21m

蒸気タービン

  1・2号機 3号機
型式 串型3車室4分流排気再熱再生式 串型3車室4分流排気再熱再生式
定格出力 579,000kW 912,000kW
回転数 1,500rpm 1,500rpm
低圧タービン最終翼 約1,118mm(44インチ) 約1,375mm(54インチ)
蒸気圧力 約55.2kg/cm2G 約5.5Mpa[gage]
蒸気温度 約270℃ 約271℃

発電機

  1・2号機 3号機
型式 横置・円筒回転界磁形・全閉自己通風・3相同期発電機 横置・円筒回転界磁形・全閉自己通風・3相同期発電機
容量 650,000kVA 1,020,000kVA
電圧 19,000V 21,000V
周波数 50Hz 50Hz
極数 4 4
冷却方式 水素内部冷却 水素内部冷却
水素圧力 4kg/cm2 0.5MPa[gage]
励磁方式 ブラシレス励磁式 ブラシレス励磁式

原子炉格納容器

  1・2号機 3号機
型式 上部半球下部さら形鏡円筒型 上部半球下部さら形鏡円筒型
最高使用圧力 2.6kg/cm2G 0.283MPa[gage]
最高使用温度 129℃ 132℃
主要寸法 内径 約35m 約40m
全高 約65m 約76m
自由体積 約42,400m3 約66,000m3
材料 炭素鋼 炭素鋼

原子炉建屋

  1・2号機 3号機
型式 円筒上部ドーム型 円筒上部ドーム型
主要寸法 内径 約38m 約43m
地上高 約64m(EL+10mから) 約73m(EL+10mから)
アニュラス容積 約3,600m3 約8,300m3
材料 鉄筋コンクリート 鉄筋コンクリート
本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。