ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

放射性廃棄物

原子力発電所では、運転や定期検査等の作業に伴い、管理区域より放射性廃棄物が発生し、その性状から気体・液体・固体廃棄物に分類されます。
気体廃棄物と液体廃棄物は、安全に処理した後、大気中および海中に放出しますが、これまでの放出実績値は規制値を十分に下回っています。
また、固体廃棄物は、安全に処理した後、構内の貯蔵庫(容量約18,000本)に保管しています。

気体廃棄物の測定結果(1・2・3号機合計、単位:ベクレル)
管理値(年間) 希ガス よう素131
1.3×1015 1.2×1010
年間実績値 希ガス よう素131
1989年度 1.7×108 検出限界以下
1990年度 7.3×108 検出限界以下
1991年度 3.8×109 検出限界以下
1992年度 1.6×109 検出限界以下
1993年度 1.7×108 検出限界以下
1994年度 4.1×108 検出限界以下
1995年度 2.5×109 検出限界以下
1996年度 3.0×109 検出限界以下
1997年度 2.4×109 検出限界以下
1998年度 1.3×109 検出限界以下
1999年度 2.9×109 検出限界以下
2000年度 6.0×109 検出限界以下
2001年度 8.1×109 検出限界以下
2002年度 4.5×109 検出限界以下
2003年度 5.1×109 検出限界以下
2004年度 3.4×109 検出限界以下
2005年度 2.8×109 検出限界以下
2006年度 3.3×109 検出限界以下
2007年度 3.1×109 1.2×105
2008年度 4.4×109 検出限界以下
2009年度 7.7×109 8.7×104
2010年度 6.5×109 検出限界以下
2011年度 1.7×109 6.9×105
2012年度 検出限界以下 検出限界以下
2013年度 検出限界以下 検出限界以下
2014年度 検出限界以下 検出限界以下
2015年度 検出限界以下 検出限界以下
2016年度 検出限界以下 検出限界以下

ベクレル…放射性物質にどれだけ放射線を出す能力(放射能)があるかを測るものさし。1秒間に1個の原子が壊れることを、1ベクレル(Bq)といいます。

液体廃棄物の測定結果(1・2・3号機合計、単位:ベクレル)
管理値(年間) トリチウム以外 トリチウム
1.1×1011 1.2×1014
年間実績値 トリチウム以外 トリチウム
1989年度 検出限界以下 2.1×1012
1990年度 検出限界以下 1.6×1013
1991年度 検出限界以下 1.1×1013
1992年度 検出限界以下 2.1×1013
1993年度 検出限界以下 2.4×1013
1994年度 検出限界以下 2.1×1013
1995年度 検出限界以下 1.9×1013
1996年度 検出限界以下 2.6×1013
1997年度 検出限界以下 3.0×1013
1998年度 検出限界以下 2.6×1013
1999年度 検出限界以下 2.4×1013
2000年度 検出限界以下 3.3×1013
2001年度 検出限界以下 3.1×1013
2002年度 検出限界以下 2.9×1013
2003年度 検出限界以下 2.2×1013
2004年度 検出限界以下 1.9×1013
2005年度 検出限界以下 3.1×1013
2006年度 検出限界以下 2.9×1013
2007年度 検出限界以下 2.7×1013
2008年度 検出限界以下 2.0×1013
2009年度 検出限界以下 3.0×1013
2010年度 検出限界以下 3.3×1013
2011年度 検出限界以下 3.8×1013
2012年度 検出限界以下 8.7×1012
2013年度 検出限界以下 5.7×1011
2014年度 検出限界以下 6.8×1010
2015年度 検出限界以下 2.2×1011
2016年度 検出限界以下 1.3×1011

1995年度第4四半期より2次系の放出量を含む

固体廃棄物の保管状況

1.固体廃棄物貯蔵庫(1・2・3号機合計、単位:本相当)
  ドラム缶
発生量
その他
発生量
搬出等による減少量 累積保管量 固体廃棄物貯蔵庫容量
1989年度 32 0 0 32 約18,000 
1990年度 228 0 0 260
1991年度 217 35 56 456
1992年度 313 8 0 777
1993年度 336 25 0 1,138
1994年度 268 0 0 1,406
1995年度 411 8 0 1,824
1996年度 450 54 0 2,328
1997年度 369 17 0 2,713
1998年度 291 8 0 3,012
1999年度 305 43 0 3,360
2000年度 486 19 0 3,864
2001年度 368 12 664 3,579
2002年度 345 11 100 3,835
2003年度 294 13 135 4,007
2004年度 379 57 0 4,442
2005年度 419 97 1 4,957
2006年度 378 9 0 5,343
2007年度 358 54 0 5,755
2008年度 704 141 801 5,799
2009年度 756 40 30 6,564
2010年度 817 67 1 7,446
2011年度 784 41 95 8,176
2012年度 607 60 182 8,661
2013年度 802 18 164 9,318
2014年度 848 16 15 10,167
2015年度 1,088 116 128 11,244
2016年度 508 268 204 11,817
2017年度
(5月末現在)
96 104 0 12,017

その他発生量は、フィルター等の梱包体の体積をドラム缶に換算した本数のため、発生量の合計と累積保管量の本数は必ずしも一致しない。

2.原子炉容器上部ふた保管庫(1・2号機合計、単位:m3
  発生量 累積保管量
2008年度 93 93
2009年度 86 179
2010年度 0 179
2011年度 0 179
2012年度 0 179
2013年度 0 179
2014年度 0 179
2015年度 0 179
2016年度 0 179
2017年度(5月末現在) 0 179
本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。