ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・発電設備

津波が来ても大丈夫なの?

Q

津波が来ても大丈夫なの?

A

泊発電所では、福島第一原子力発電所の事故を踏まえた自主的な取り組みとして、海抜16.5m、全長約1,250mの防潮堤を設置していましたが、新規制基準への対応を進める中で発電所の安全性をより一層高める観点から、地中の岩盤に直接設置する構造の防潮堤を新たに設置します。新たな防潮堤は、設計等に関して原子力規制委員会の審査を受けており、早期に設置できるよう対応しています。なお、2022年3月から既設防潮堤の撤去工事を実施しています。
新たな防潮堤を設置するまでは、水密扉により建屋入口と建屋内の重要な機器が設置されたエリアへの浸水を防止します。また、冷却が必要な燃料は全て海抜31m以上にある使用済燃料ピットに保管しており、万一の場合でも冷却が継続できる多様な手段を確保しています。

建屋入口の水密扉

建屋入口の水密扉

重要な機器が設置されているエリア入口の水密扉

重要な機器が設置されている
エリア入口の水密扉

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。