ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

電気は足りているのに、再稼働は必要なの?

北海道において、将来にわたる電力の安定供給を確保し、低廉な電気をお届けするためには、安全確保を大前提とした泊発電所の一日も早い再稼働が必要と考えています。

燃料費の増大、CO2排出量の増加

2012年5月以降、泊発電所は停止状態が続いています。2010年度には、北海道で使われる電気の約4割を泊発電所が担っていましたが、2016年度は7割以上を火力に依存している状況です。

【当社の発電電力量構成比(他社受電分を含む)】

当社の発電電力量構成比(他社受電分を含む)

その他には、水力、太陽光、風力などの再生可能エネルギー(FIT電気含む)や、卸電力取引所からの調達分などを含みます。

火力発電所の稼働が高まることで、燃料費などが増大し、お客さまに二度にわたる電気料金の値上げをお願いせざるを得ない状況となりました。さらに、CO2排出量も増加しています。

【当社の経常費用の推移】

当社の経常費用の推移

合計は、端数処理の関係で内訳の合計値と一致しません。

電気料金の一部としてお客さまからお支払いいただいた再エネ賦課金を、国の指定する機関へ納めているものをいいます。

【ご家庭の電気料金(モデル)の推移】

ご家庭の電気料金(モデル)の推移

【CO2排出量の推移】

CO2排出量の推移

将来にわたる電力の安定供給の確保

当社の火力発電所は、2017年3月末現在、運転年数が30年を超えるものが大半です。今後、経年化の進む火力発電所の休止・廃止を踏まえると、将来にわたり十分な供給力があるとはいえない状況です。

【主な火力発電所の運転年数(2017年3月末時点)】

主な火力発電所の運転年数(2017年3月末時点)

当社としては、これらのさまざまな問題を解決するため、泊発電所の一日も早い再稼働が必要と考えています。

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。