ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

企業・IR情報

ほくでん総合研究所の概要

北海道電力(株)総合研究所は、昭和22年に当社の前身である北海道配電(株)の技術研究所として発足しました。その後昭和62年には、北海道産業の発展や道民生活の向上に貢献できる「地域に開かれた研究所」を目指して総合研究所と改称・改組し、電力設備の保守・運用に関わる電力技術の研究はもとより、お客さまへの電気利用技術の提案や地域経済に関する調査研究などに取り組んできました。

今後も当社を取り巻く社会情勢に的確・柔軟に対応しながら、「設備診断技術の高度化や保守合理化などの研究開発」「新エネルギー導入拡大への対応に向けた研究開発」を中心に、電力の安定供給確保に資する技術開発を推進してまいります。また、お客さまの省エネ・節電に対する意識の高まりに対応してヒートポンプ機器をはじめとする省エネ技術の研究や、当社経営に資する道内のエネルギー需要や経済動向の調査分析など、将来にわたって当社が持続的に発展していくための取り組みも進めてまいります。

沿革

昭和22年1月 北海道配電(株)技術研究所(発足)
昭和26年5月 北海道電力(株)技術研究所となる
昭和35年12月 苗穂に移転
昭和49年6月 里塚(現、美しが丘)に移転
昭和62年2月 総合研究所に改称・改組
平成8年6月 江別市対雁(現在地)に移転

組織

グループ名 グループ担務事項
研究統括グループ
  • 研究開発に関する方針・計画の立案・総合調整
  • 研究開発成果の評価および管理
  • 総合研究所の運営、管理、広報
  • 産業財産権の管理
  • 新技術に関する技術動向調査
ネットワーク技術グループ
  • 送電・変電・配電設備の技術(保守高度化、事故防止など)に関する研究
  • 通信・メカトロニクス技術に関する研究
  • 再生可能エネルギーの系統連系に関する研究
エネルギー利用グループ
  • 積雪寒冷地の住宅におけるエネルギー利用に関する調査・研究
  • 積雪寒冷地におけるヒートポンプ機器の調査・研究
火力・土木技術グループ
  • 火力発電設備の余寿命診断技術・保守高度化などに関する研究
  • 発電所水路工作物の水理に関する研究
  • 発電所土木設備の保守高度化に関する研究
環境技術グループ
  • 環境分析・評価に関する研究
  • 廃棄物の有効利用に関する研究
  • 電力設備の環境対策に関する研究
経済グループ
  • 電気事業経営に関する研究
蓄電システム実証プロジェクトグループ
  • 大型蓄電システム緊急実証事業プロジェクトに関する総合調整、計画の立案、研究・調査
本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。