ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

企業・IR情報

ダイバーシティの推進

女性の活躍推進

当社は、性別にとらわれない多様な人材が、その能力を十分に発揮し、さらに活躍できる職場環境を整備するため、社内に「女性活躍推進検討チーム」を設置し、さまざまな取り組みを実施しています。

代表的な取り組み

  • 新任管理者向け研修における意識啓発の実施
  • 育児中の女性社員の情報交換の場として「ワーキングマザーミーティング」を開催

「ワーキングマザーミーティング」の様子

「ワーキングマザーミーティング」の様子

また、2016年度から、女性活躍推進法に基づき、女性社員の管理職登用に関する目標を掲げ、積極的に推進しています。

【女性活躍推進の目標】

2020年3月末日において、女性管理職(課長級以上)の人数を2015年3月末日時点の2倍以上とする。

仕事と家庭の両立支援

当社はこれまで、従業員の仕事と家庭の両立を支援するため、育児や介護に関する各種制度の整備のほか、労働時間の低減に向けた取り組みを行っています。
その結果、2015年4月に厚生労働省から、次世代育成支援対策推進法に基づく「くるみん」の認定を受けました。

くるみん

高年齢者雇用の促進

当社は、高年齢者雇用安定法の趣旨や今後の年齢構成の変化を踏まえ、2013年4月から原則希望者全員を満65歳まで雇用する再雇用制度を導入しています。
また、2018年4月から、技術・技能継承を支える高いスキルを有する者を対象として、65歳を超えても雇用を延長するなど、適宜、制度の整備・充実を図っています。

障がい者雇用の促進

障がいを持つ人が、いきいきと働くための就労の場を提供し、働くことによる社会的自立と社会参加を支援するため、2007年に、ほくでんグループの「(株)ほくでんアソシエ」を設立しました。同社は、2009年に障害者雇用促進法に基づく「特例子会社」の認定を取得しています。

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。