ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

企業・IR情報

生物多様性保全への取り組み

生物多様性の保全に向けた世界や国内の動き

世界で多くの生物が絶滅しその多様性が地球規模で急速に失われつつあることは、地球温暖化と同様に深刻な問題です。そこで、2010年に愛知県で開催された生物多様性条約締約国会議(COP10)では、生物多様性の保全と持続可能な利用に向けた世界的な取り組みとして「戦略計画2011-2020(愛知目標)」が設定されました。また、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の中でも、生物多様性の保全はその根底を占めており危機意識は世界で共有されつつあります。
日本国内でも以下のようなさまざまなネットワークやプロジェクトが保全活動の輪を広げています。

【当社も参画しています】

  • 経団連生物多様性宣言(2009年 日本経済団体連合会)
  • 生物多様性民間参画パートナーシップ(2010年 企業・団体・NPO・環境省などが参画)
  • 電気事業における生物多様性行動指針(2010年 電気事業連合会)

当社の取り組み事例

当社は、「地域の持続的発展なくしてほくでんグループの発展は無い」との認識のもと、雄大な土地と多様な野生生物に恵まれた北海道の自然と共生する事業運営に努めてきました。
これからも、新たな電力設備の建設時には環境影響予測やモニタリングに基づき環境保全対策を適切に施したり、既設電力設備が原因となる生態系への影響を軽減する対策設備を開発する等、生物多様性の保全に配慮しながら電力の安定供給責任を果たしてまいります。

水力発電所周辺の生態系保全

支笏洞爺国立公園に隣接する京極発電所(純揚水式水力)の建設工事では、北海道最古の山地湿原である京極湿原の生態系を保全するため、工事区域の調整や動植物の保全など多面的な対策を施し、その影響を最大限回避できたことが評価され、(公社)土木学会の「平成29年度土木学会環境賞」を受賞しました。

京極湿原

京極湿原

京極発電所の上部調整池と周辺環境(右奥は羊蹄山)

京極発電所の上部調整池と周辺環境
(右奥は羊蹄山)

現地で採取した種から育てた苗を砕石マルチング内に植栽(生態学的混播・混植法を採用)

現地で採取した種から育てた苗を砕石マルチング内に植栽(生態学的混播・混植法を採用)

建設廃材等を利用した小型哺乳類の棲み家(エコスタック)を利用するエゾリス

建設廃材等を利用した小型哺乳類の棲み家(エコスタック)を利用するエゾリス

送配電設備による鳥類感電事故の防止

タンチョウやシマフクロウなどの希少鳥類の一部は、電線等に衝突・接触し、停電を引き起こしたり、鳥類自身も感電などの重篤な怪我を負うことがあります。
当社は、関係官庁や専門家から助言を得て、飛翔中の鳥が送配電線を認識し衝突を回避できるような「標示」や、鳥を感電しない場所に誘導する「止まり木」を設置するなど、動物を保護しつつ電力の安定供給を維持する対策について検討しています。

黄色の標示管を設置した電線の脇を飛ぶタンチョウ

黄色の標示管を設置した電線の脇を飛ぶタンチョウ

「止まり木」を選んで羽を休めるシマフクロウ

「止まり木」を選んで羽を休めるシマフクロウ

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。