ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

企業・IR情報

生物学的研究

電磁界に関する生物学的研究では、「細胞」や「動物」を電磁界に曝露し、がんの発生・成長、機能の変化等への影響に関する研究が行われています。
生物学的研究では、一回の実験結果のみで判断するのではなく、繰り返し同様の結果を示すことや、別の研究者が同様の結果を示すこと等が必要とされ、これにより影響の有無が判断されています。
生物学的研究において、これまでに影響があったとする実験は、そのほとんどが日常存在しえない非常に大きな磁界レベルで行った結果であったり、影響のメカニズム解明や再現性の問題等が指摘されています。居住環境における商用周波磁界による影響は認められていません。

生物学的研究
細胞実験 動物実験
電磁界による細胞内のDNAや遺伝子、染色体異常、免疫機能、カルシウムイオンへの影響および、がん細胞への影響などに関する研究などがあります。 ラットやマウスなどの小動物や、ヒヒや羊などを用いた研究で、電磁界によるがんの発生や成長、生殖への影響、神経行動や神経内分泌への影響等の研究が行われています。

動物実験用曝露設備(例)

動物実験用曝露設備

実験用動物:マウス

実験用動物:マウス

細胞実験用曝露設備(例)

細胞実験用曝露設備

実験用細胞:乳がん細胞

実験用細胞:乳がん細胞

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。