ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

企業・IR情報

有効利用技術について

ほくでんの石炭火力発電所は、砂川市、奈井江町、厚真町(苫小牧市)の3カ所に立地しており、年間100万トン近くの石炭灰が発生しています。この石炭灰の多くは、復元材、セメント原料、再生路盤材に利用されています。このほか次のとおり、土木、建築、農業の分野での利用拡大が進んでいます。

PDFファイルを開きます。石炭灰の有効利用実績 [PDF:15KB]

石炭灰の有効利用技術

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。