ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。
ここから本文です

諸経費等

2013年度実績 110億円

主な効率化の内容 具体的な取り組み例
普及開発関係費の削減
  • 広告の休止
諸費の削減
  • 費用全般にわたる支出の厳選
その他の費用の削減
  • 技術研修などの実施時期・内容の精査
  • 自社研究の精査による実施時期・内容の見直し
  • 費用全般にわたる効率化の取り組みに加え、委託内容や範囲などを精査し委託費の低減を図りました。
  • また、効率的なエネルギー利用に係る活動内容の精査や広告の休止などにより、当該費用(普及開発関係費)の支出抑制に努めました。
  • さらに、人材の育成や電気事業に係る技術研究などについても、実施内容を厳選し支出を絞るなど、徹底した費用削減に取り組みました。

実績の推移

  • 2013年度は、広告の休止や委託実施時期の繰り延べなどにより、諸経費の削減に取り組みました。
  • この結果、2013年度の実績は、泊発電所の停止に伴う需給対策(緊急設置電源)などの費用を除いては、震災前の3ヵ年度平均と比較して51億円(8%)減の574億円となり、現行料金原価との比較でも48億円下回りました。

他の費用項目は以下をご覧ください。

人件費

需給関係費(燃料費・購入電力料)

設備投資関連費用

修繕費

資機材調達コスト

2016年度の取り組み実績

2015年度の取り組み実績

2014年度の取り組み実績

ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。