ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

企業・IR情報

スイッチング日に関するお願い

需要者が低圧の場合

スイッチング日については、原則として、スイッチングに必要な標準処理期間の満了日以降の定例検針日を指定いただくようお願いいたします。(需要者の要望などにより、標準処理期間以降の定例検針日以外の日を指定いただくことは可能です。)
詳しくは以下をご覧ください。

【ご注意】

  • スイッチングまたは再点の場合、スマートメーターへの計器取替工事が必要となります。(既にスマートメーターが設置済みの場合もあります。)
  • スマートメーターが設置済みであっても、当社におきましては、スイッチングまたは再点時に、通信方式を変更するために計器取替工事が必要となる場合(スイッチング支援システムにおける「供給地点設備情報照会」画面の計器情報が「30分値収集可」であっても「自動検針不可」の場合)があります。
  • 工事の際は原則として停電が必要となります。

需要者または発電者のご入居などによる新規契約に伴い、止めてあった電気を再び使えるようにすること。

需要者が高圧および特別高圧の場合

当社託送におきましては、高圧および特別高圧の検針日を毎月1日(固定)とさせていただいているため、スイッチング日は原則として、スイッチングに必要な標準処理期間の満了日以降の1日を指定いただくようお願いいたします。
なお、スイッチングに必要な標準処理期間は、当社系統アクセスマニュアルに定める「供給承諾から供給開始までの標準的な準備期間」に「現地調査期間(2~3週間)」を加えた期間となります。

供給地点特定番号のお問い合わせ

小売電気事業者の場合

  • スイッチングなどを行う場合は、需要者へご確認ください。

    小売契約を締結している小売電気事業者から需要者へ供給地点特定番号を通知することとなっています。

  • 引越しなどで、これから入居する先の供給地点特定番号が分からない場合は、需要者からの問い合わせに応じて、スイッチング支援システムで検索の上、ご確認ください。
  • 上記によっても供給地点特定番号が不明な場合(1つに特定できないなど)は、当社電力託送センターまでメールにてお問い合わせください。この際、当社から需要場所周辺の状況などを伺う場合がありますので、あらかじめ需要者から聞き取りを行っていただきますようお願いいたします。
  • 新設などで現在の供給地点特定番号が付番されていない場合は、供給地点特定番号欄を空欄のままお申し込みください。追って電力託送センターより供給地点特定番号をお知らせいたします。

需要者の場合

  • 供給地点特定番号は、契約されている小売電気事業者までお問い合わせください。
    当社管内は以下をご覧ください。
  • 引越しなどで、これから入居する先の供給地点特定番号がわからないなどの場合は、今後契約予定の小売電気事業者までお問い合わせください。小売電気事業者にて、供給地点特定番号を検索することができます。
本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。