ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

企業・IR情報

接続供給に伴う主なサービスについて

当社の送配電ネットワークを介して、電気を需要場所までお届けする「接続供給」についてご説明しています。
接続供給をご利用いただくときには、「接続送電サービス」「接続対象計画差対応電力」をあわせて適用し、料金を算定いたします。

このほか、ご希望に応じて、予備送電サービスもご利用いただけます。
接続供給に伴うサービスについて、詳しくは以下をご覧ください。

接続送電サービス

接続供給により、供給地点において当社が供給する電気に適用いたします。

  • 高圧または特別高圧で供給する場合の送電サービスは、供給地点ごとに「標準接続送電サービス」または「時間帯別接続送電サービス」のいずれかを選択いただけます。
  • 低圧で供給する場合は、「電灯定額接続送電サービス」「電灯標準接続送電サービス」「電灯時間帯別接続送電サービス」「動力標準接続送電サービス」「動力時間帯別接続送電サービス」のいずれかを選択いただけます
  • 時間帯別接続送電サービスの適用後1年に満たない場合は、標準接続送電サービスを適用できません。時間帯別接続送電サービスから標準接続送電サービスに変更された後1年に満たない場合は、時間帯別接続送電サービスを適用できません。
  • 定額接続送電サービスおよび従量接続送電サービスを除き、料金は基本料金と電力量料金の2部料金制となっており、接続送電サービス契約電力は供給地点ごとに定めます。
    また、全く電気を使用しない月の基本料金は半額となります。
  • 高圧または特別高圧で供給する場合、計量された力率により、基本料金を力率割引または割増しいたします。
    なお、不使用月の力率は85%となります。
  • 電力量料金は、供給地点ごとに計量された接続供給電力量によって算定いたします。

このほか、契約期間が1年未満の場合を対象とした臨時接続送電サービスがあります。また、自己等への電気の供給においては、これ以外に完全従量料金制のご選択が可能です。

標準接続送電サービス

「標準接続送電サービス」は、時間帯区分のない料金体系となっています。

時間帯別接続送電サービス

基本料金は、「標準接続送電サービス」と同じです。
「時間帯別接続送電サービス」は、昼間と夜間の2時間帯区分の料金体系となっており、夜間は割安な料金となっている一方、昼間は割高な料金単価の設定となっています。

近接性評価割引額

契約者が、近接性評価地域に立地する発電場所で発電された電気を受電し接続供給を利用する場合は、受電および接続供給を行った量に該当する電力量から近接性評価割引単価の区分ごとに割引額を算定し、接続送電サービス料金から差し引きます。
なお、契約者が、当該地域において発電された電気を調達する場合であっても、当該地域に立地する発電設備を維持および運用する発電契約者以外の事業者などを介して調達する場合は、この割引は適用いたしません。

1年を通じての最大需要電力などが夜間時間に発生する場合の取り扱い(ピークシフト割引額)

高圧または特別高圧で供給する場合で、需要者が昼間時間から夜間時間へ負荷移行を行った結果、1年を通じての最大需要電力などが夜間時間に発生する場合、契約者と当社との間で協議が整ったときに適用いたします。

【1年を通じて夜間に最大電力が発生する場合の取り扱い】

1年を通じて夜間に最大電力が発生する場合の取り扱い

接続対象計画差対応電力

接続対象計画差対応補給電力

30分ごとの接続対象電力量が、接続対象計画電力量を上回る場合、当社はその不足電力を補給いたします。
この補給電力の料金は、「電気事業法等の一部を改正する法律附則第九条第一項の規定に基づき一般電気事業者が定める託送供給等約款で設定する託送供給等約款料金の算定に関する省令」第26条(平成29年4月1日以降は、一般送配電事業託送供給等約款料金算定規則第27条)に基づき、インバランス料金として算定される金額に消費税等相当額を加えた金額とし、30分ごとに設定いたします。

接続対象計画差対応余剰電力

30分ごとの接続対象電力量が、接続対象計画電力量を下回る場合、当社はその余剰電力を購入いたします。
この余剰電力の購入料金は、「電気事業法等の一部を改正する法律附則第九条第一項の規定に基づき一般電気事業者が定める託送供給等約款で設定する託送供給等約款料金の算定に関する省令」第26条(平成29年4月1日以降は、一般送配電事業託送供給等約款料金算定規則第27条)に基づき、インバランス料金として算定される金額に消費税等相当額を加えた金額とし、30分ごとに設定いたします。

契約者に係る給電指令時補給電力

系統運用上の制約その他によって必要な場合は、契約者または需要者に給電指令を行い、需要者の電気の使用を制限もしくは中止することがあります。
給電指令などにより受電地点を会社間連系点とする電気に係る振替供給等の全部または一部を中止された場合は、当該振替供給等の中止の解除までの間、これにより生じた不足電力の補給にあてるための電気を供給いたします。
給電指令時補給電力の料金は、「電気事業法等の一部を改正する法律附則第九条第一項の規定に基づき一般電気事業者が定める託送供給等約款で設定する託送供給等約款料金の算定に関する省令」第26条(平成29年4月1日以降は、一般送配電事業託送供給等約款料金算定規則第27条)に基づき、インバランス料金として算定される金額に消費税等相当額を加えた金額とし、30分ごとに設定いたします。

予備送電サービス

高圧または特別高圧で受電または供給し、契約者または発電契約者が送電サービスの利用において、受電地点および供給地点ごとに予備電線路の利用を希望される場合に適用いたします。

予備送電サービスA 常時利用変電所から常時利用と同位の電圧で利用(受電または供給)する場合
予備送電サービスB 常時利用変電所以外の変電所を利用(受電または供給)する場合または常時利用変電所から常時利用と異なった電圧で利用(受電または供給)する場合

供給地点で予備送電サービスを利用する場合は予備送電サービス料金の対象となります。

【当社送配電ネットワークにおける予備送電サービスのイメージ】

当社送配電ネットワークにおける予備送電サービスのイメージ

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。