ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

企業・IR情報

電源構成・発電設備

電源構成

電源構成(電力量)

電源構成(電力量)のグラフ

  • 自社電源の送電電力量と他社購入分の受電電力量の合計(離島分を含みません)。
  • 「FIT電気」とは、FIT制度によって当社が買い取りした電気のことをいいます。

    再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社が一定価格で買い取る国の制度

  • 「水力(3万kW以上)」には揚水分を含めていません。
  • 「FIT電気以外の再エネ」には水力(3万kW未満)・太陽光・風力・バイオマス・地熱を含みます。
  • 「卸電力取引所」は、卸電力取引所からの調達分で、水力・火力・原子力・FIT電気・再生可能エネルギーなどが含まれます。
  • 「その他」には、揚水分・廃棄物および他社から調達している電気の一部で電源区分が特定できないものを含みます。
  • 当社がFIT電気を調達する費用の一部は、当社以外のお客さまも含めて電気の利用者が負担する賦課金によって賄われており、CO2が排出されないことをはじめとする再生可能エネルギーとしての価値を訴求するにあたっては、国の制度上、非化石証書の使用が必要とされています。当社が販売するFIT電気は、CO2排出量について火力発電なども含めた全国平均の電気のCO2排出量を持った電気として扱われます。
  • 当社の2019年度のCO2排出係数(調整後)は0.601kg-CO2/kWh。当社は再エネ指定の非化石証書の使用により、実質的に、再生可能エネルギー電気14%の調達を実現しています。

発電設備

(2020年3月31日現在)

水力発電所 56カ所 1,651,485kW
火力発電所 12カ所 4,634,610kW
汽力 (6カ所) 3,900,000kW
コンバインドサイクル (1カ所) 569,400kW
ガスタービン (1カ所) 148,000kW
内燃力 (4カ所) 17,210kW
原子力発電所 1カ所 2,070,000kW
地熱発電所 1カ所 25,000kW
太陽光発電所 1カ所 1,000kW
合計 71カ所 8,382,095kW

(参考)発電設備の構成比

電源設備のグラフ

  • 離島分を含みます。
  • 新エネ等には地熱および太陽光を計上しています。

主な発電所

(1)水力(出力3万kW以上)
発電所名 水系名 認可出力(kW) 運転開始年月
雨竜 石狩川 51,000 1943年8月
滝里 石狩川 57,000 1999年7月
野花南 石狩川 30,000 1971年8月
豊平峡 石狩川 51,900 1972年6月
富村 十勝川 41,300 1978年8月
上岩松 十勝川 1号  20,000
2号  10,400
1956年8月
1953年8月
十勝 十勝川 40,000 1985年5月
奥新冠 新冠川・沙流川 44,000 1963年8月
新冠 新冠川 1号  100,000
2号  100,000
1974年8月
1974年11月
高見 静内川 1号  100,000
2号  100,000
1983年7月
1993年4月
静内 静内川 1号  23,500
2号  23,200
1966年11月
1979年7月
京極 尻別川 1号  200,000
2号  200,000
2014年10月
2015年11月
(2)火力(汽力)
発電所名 認可出力(kW) 内訳(kW) 使用燃料 運転開始年月
砂川 250,000 3号  125,000
4号  125,000
石炭
石炭
1977年6月
1982年5月
奈井江 350,000 1号  175,000
2号  175,000
石炭
石炭
1968年5月
1970年2月
苫小牧 250,000 1号  250,000 重原油
天然ガス
1973年11月
伊達 700,000 1号  350,000
2号  350,000
重油
重油
1978年11月
1980年3月
苫東厚真 1,650,000 1号  350,000
2号  600,000
4号  700,000
石炭
石炭
石炭
1980年10月
1985年10月
2002年6月
知内 700,000 1号  350,000
2号  350,000
重油
重油
1983年12月
1998年9月

2019年3月休止

(3)火力(コンバインドサイクル)
発電所名 認可出力(kW) 内訳(kW) 使用燃料 運転開始年月
石狩湾新港 569,400 1号  569,400 LNG(液化天然ガス) 2019年2月
(4)原子力
発電所名 認可出力(kW) 内訳(kW) 原子炉型式 運転開始年月
2,070,000 1号  579,000
2号  579,000
3号  912,000
加圧水型軽水炉 1989年6月
1991年4月
2009年12月
(5)地熱
発電所名 認可出力(kW) 運転開始年月
25,000 1982年11月
(6)太陽光
発電所名 認可出力(kW) 運転開始年月
伊達ソーラー 1,000 2011年6月

当社は、2020年4月の法的分離に対応し、送配電部門の一層の中立性・公平性を確保するため、事業持株会社である北海道電力株式会社のもと、送配電事業を担う北海道電力ネットワーク株式会社を分社化しました。
ただし、分社化以前に北海道電力として一体的に実施してきた事業活動に関する実績や、北海道電力および北海道電力ネットワークが共同で実施する取り組みなどについては、引き続き「ほくでんホームページ」でご紹介しております。
分社化の詳細につきましては、以下をご覧ください。

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。