ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

法人のお客さま

学校(小・中・高)の節電チェックシート(夏季)

印刷戻る

節電効果
削減率 0

電力消費の多い機器の節電にご協力をお願いします。

項目 内容 建物全体に
対する
節電効果
実行チェック
照明教室、職員室、廊下の照明を間引きする。17%
(約4割減の場合)
点灯方法や使用場所を工夫しながら体育館の照明を1/4程度間引きする。2%

メンテナンスや日々の節電にもご協力をお願いします。

項目 内容 実行チェック
照明従来型蛍光灯を、高効率蛍光灯やLED照明に交換する。(従来型蛍光灯からHf蛍光灯又は直管形LED照明に交換した場合、約40%消費電力削減。)
体育館などで使われる水銀ランプを、セラミックメタルハライドランプに交換する。(水銀ランプをセラミックメタルハライドランプに交換した場合、約50%消費電力削減。)
空調使用していないエリア(教室、音楽室など)は空調を停止する。
日射を遮るために、緑のカーテン、ブラインド、遮熱フィルム、ひさし、すだれを活用する。
フィルターを定期的に清掃する(2週間に一度程度が目安)。
特別教室(音楽室、コンピュータ室など)は連続利用する。
電気以外の方式(ガス方式など)の空調熱源を保有している場合はそちらを優先運転する。
コンセント動力プールの水位調整のための給排水を少なくするよう工夫する。
プール用水のろ過フィルタを清掃する。
待機電力を削減する(特に夏休み中はパソコン、テレビなどのプラグをコンセントから抜く)。
献立や調理の工夫により食器などを減らして食器洗浄機を使用したり、熱風保管庫の使用時間帯をシフトするなど、ピーク電力を抑制する工夫をする。
その他手洗いなど、水の流し放し、水の出しすぎに注意する。
節水こま、泡沫水洗を使用する。

学校関係者への節電の啓発も大事です。

項目 内容 実行チェック
節電啓発児童・生徒などに対する節電教育を行い、児童・生徒などの自発的な活動を推進する。
節電担当者を決め、責任者(校長先生など)と関係者が出席したフォローアップ会議や節電パトロールを実施する。
学校関係者に対して、家庭での節電の必要性・方法について情報提供を行う。

*ご注意

  • 記載している節電効果は、建物全体の消費電力に対する節電効果の想定割合の目安です。
  • 空調については電気式空調を想定しています。
  • 一定の条件の元での試算結果ですので、各々の建物の利用状況により削減値は異なります。
  • 方策により効果が重複するものがあるため、単純に合計はできません。
  • 節電を意識しすぎるあまり、指導上、保健衛生上、安全上及び管理上不適切なものとならないようご注意ください。
本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。