ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

法人のお客さま

医療機関(病院・診療所など)

医療機関(病院・診療所など)のお客さま向け省エネ・節電方法のご紹介です。

PDFファイルを開きます。(パンフレット)医療機関における節電方法のご紹介 [PDF:1,687KB]

夏季

1日の電気の使われ方(夏季のピーク日)

  • 平均的な医療機関(病院・診療所など)においては、日中(8時~17時)に高い電力消費が続きます。

医療機関(事例)における電力需要カーブのイメージ

医療機関(事例)における電力需要カーブのイメージ

出典:資源エネルギー庁推計

電力消費の内訳(夏季のピーク時断面(例))

  • 電力消費のうち、空調が約36%、照明が約39%を占めます。
  • これらを合わせると電力消費の約75%を占めます。

一般的な医療機関における用途別電力消費比率

一般的な医療機関における用途別電力消費比率

出典:資源エネルギー庁推計

冬季

1日の電気の使われ方(冬季のピーク日)

  • 平均的な医療機関(病院・診療所など)においては、日中(9時~18時)に高い電力消費が続きます。

医療機関(事例)における電力需要カーブのイメージ

医療機関(事例)における電力需要カーブのイメージ

出典:資源エネルギー庁推計

電力消費の内訳(冬季のピーク時断面(例))

  • 非電気式空調の場合、電力消費のうち、照明が約58%を占めます。
  • したがって、照明に関する節電対策は特に効果的です。
  • 電気式空調の場合は、空調への節電対策も大きな効果となります。
  • 補助的に使用する暖房や、凍結防止などに電気ヒーターを利用されている場合は、可能な範囲で使用をお控えいただくと、節電効果が期待できます。

一般的な医療機関における用途別電力消費比率

一般的な医療機関における用途別電力消費比率

出典:資源エネルギー庁推計

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。