ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

法人のお客さま

デマンド監視制御装置による省エネ・節電のご紹介

「デマンド監視制御装置」を導入すると、最大需要電力(デマンド)や電力使用量のデータを管理することができるため、デマンドが発生する時間帯を把握し、省エネ・節電へ役立てることができます。デマンドを抑制できれば、契約電力を抑えることができ、電気の基本料金の低減にもつながります。

最大需要電力とは

お客さまがご使用された電力(需要電力)を30分毎に計量し、その1月において最も大きい30分平均需要電力の値をいいます。この値は、同時に使用される設備が多いほど大きくなります。

30分平均需要電力概念図

30分平均需要電力概念図

上の図のようにある2時間に限った場合でみると、30分毎の平均需要電力はA~DのうちDが最も大きい値となるので、Dがこの2時間における最大需要電力となります。

実量制契約のお客さまの契約電力の決定方法について

契約電力は当月を含む過去1年間の各月の最大需要電力のうちで最も大きい値となります。電気の基本料金は、契約電力に基づいて算定しますので、最大需要電力の抑制が基本料金の低減につながります。

実量制契約のお客さまの契約電力の決定方法

デマンド監視制御装置とは

最大需要電力の目標値を予め設定し、警報や設備の自動しゃ断などにより最大需要電力を抑制する装置です。

デマンド監視制御装置による契約電力の減少

デマンド監視制御装置の設置については、各機器と接続する配線工事および需要電力を計測するための電力検知に計量信号(パルス)が必要です。
別途手続きのうえ弊社計量器の計量信号(パルス)をお使いいただくことができます。
なお、デマンド監視制御装置本体に関しては、各メーカー、電気工事店までお問い合わせいただくか、お心当たりのない場合には、最寄の弊社事業所までお問い合わせをお願いします。

デマンド監視制御装置の構成例

デマンド監視制御装置の構成例

デマンド監視制御装置による契約電力減少について

デマンド監視制御装置の設置により、契約電力を減少させていただきます。契約電力の減少には、お申し込みや協議が必要となりますので、最寄の弊社事業所までお問い合わせをお願いします。

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。