ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

法人のお客さま

管路等利用のご案内

北海道電力の管路等のご利用についてご案内しています。

はじめに

管路や洞道の建設にあたっては、道路の掘削をはじめ多大な費用を必要とすることから、将来の電力需要の増加を想定した必要最少限の管路本数と洞道空間の最小化を図っています。

そのため、管路・洞道をご利用いただくにあたっては、現在未使用となっている管路および洞道スペースの使用計画やセキュリティ面を考慮した上で、本来の目的である電力の安定供給に支障とならない範囲で活用していただきます。

管路等利用料

管路等の利用料単価は、次のとおりです。(2014年4月現在

管路 年額1,100円/m(税別)
洞道 年額3,780円/m(税別)

利用料単価は年度により改訂されることがあるため、詳しくはお近くのほくでんにおたずねください。

管路・洞道利用料の算定方法

管路・洞道利用料の算定方法

お客さま設備の設置

お客さまの設備は、お客さまご自身で設置していただき、関係法令ならびに当社が定める施設基準に従って施工いただきます。

ほくでんの管路等には高圧電力ケーブルが敷設されていることから、セキュリティーおよび安全確保のため、当社が指定する工事会社による施工または工程管理を実施していただきます。

お客さまの設備は、お客さまが敷設するインナーパイプによる共同収容を標準とします。インナーパイプの取扱いについては、利用をご希望される管路の仕様、または他の利用者の敷設状況によって異なりますので、個別に協議させていただきます。

お客さま設備の保守・管理

お客さまの設備は、お客さまご自身で保守および改修等の維持管理をしていただきます。

管路等は、道路管理者、地域のお客さまのご要請または当社の設備計画工事により、移設等の改修を行うことがあります。その場合は、原則として当社の工事着工2カ月前までに当社からご連絡しますので、お客さまの負担によるお客さま設備の速やかな移設・改修をお願いいたします。

利用者からの送信停止等の苦情その他の問題解決についてもお客さまの責任と負担で行っていただきます。

申し込みからご利用いただくまで

PDFファイルを開きます。事前協議から利用開始までの流れ [PDF:26KB]

  1. 利用契約

    管路等の利用を初めてご希望される場合は、管路等利用申込書、管路・洞道利用明細書等を提出していただき、利用条件、利用料金等の基本事項に関する「管路等利用契約」を締結させていただきます。

    管路・洞道利用のお問合せ・お申し込み窓口一覧

    管路・洞道をご利用いただくためには、次の条件が必要となります。

    • 利用を希望される区間に、今後5年以内に使用計画のない管路があること
    • 関係法令等の工事基準に適合し、当社の設備工事・保守業務に支障をきたさないこと
    • 事業目的について、関係法令に基づく許認可や届出の手続きが完了していること

    「管路等利用契約」締結後、管路等利用申込書等を提出していただき、利用をご希望される箇所について個別契約を締結させていただきます。

  2. 調査

    利用ご希望区間におけるケーブル敷設の可否についての現地調査は、お客さま、またはほくでんが実施します。

    1. (1) お客さまが実施する場合
      当社の指定会社による調査とし、調査完了後に「調査実施報告書(任意様式)」を提出していただきます。
    2. (2)
      ほくでんが実施する場合
      当社が別に定める「管路等調査約款」によるものとし、現地調査を指定会社に委託する場合があります。
      調査料は個別に算定し、調査開始までにお支払いいただきます。
      調査結果は、お申し込みから2カ月以内を目途に回答させていただきます。なお、調査対象区間が広範囲である等の理由により回答が2カ月を超過することもございます。その場合は、その理由を明記して書面または電子メールにより、お客さまにご連絡いたします。
      (調査料算定方法)

      調査料=現地調査費+事務手続き費

      現地調査を指定会社に委託する場合は、委託額を現地調査費とさせていただきます。

      現地調査費:人件費単価×稼働時間×諸経費率

      稼働時間:作業員3人、調査時間2時間程度(マンホール当たり)

      事務手続き費:人件費単価×稼働時間×諸経費率

      稼働時間:事務員1人、調査時間1.5日程度

  3. 管路等の改修工事

    管路等の改修工事が必要となる場合、工事費用はすべてお客さまにご負担いただきます。
    改修工事費用はその工事規模により異なりますが、設備改修工事の設計が完了した時点で算定し、工事着手前にお支払いいただきます。
    管路等の改修工事が必要な場合は、調査申し込みからご利用いただくまでの期間は、3カ月程度は必要ですので、申し込みはお早めにお願いします。

関係様式

管路・洞道利用のお問合せ・お申し込み窓口一覧

管路・洞道利用をご希望の場合、下記の北海道電力の窓口にご連絡いただきますようお願いします。

事業所名 受付担当 住所 電話番号
旭川支店 配電グループ 旭川市4条通12丁目1444番地の1 0166-23-1121
北見支店 配電グループ 北見市北8条東1丁目2番地1 0157-26-1114
札幌支店営業部 配電グループ 札幌市中央区大通東1丁目2番地 011-251-1111
岩見沢支店 配電グループ 岩見沢市9条西1丁目12番地の1 0126-22-0601
小樽支店 配電グループ 小樽市富岡1丁目9番1号 0134-23-1111
釧路支店 配電グループ 釧路市幸町8丁目1番地 0154-23-1111
帯広支店 配電グループ 帯広市西5条南7丁目2番地の1 0155-24-5161
室蘭支店 配電グループ 室蘭市寿町1丁目6番25号 0143-47-1111
苫小牧支店 配電グループ 苫小牧市新中野町3丁目8番7号 0144-32-5321
函館支店 配電グループ 函館市千歳町25番15号 0138-22-4111

設備によっては、下記担当箇所が対応させていただく場合もございますので、ご了承ください。

事業所名 受付担当 住所 電話番号
旭川統括電力センター 送電グループ 旭川市東光3条1丁目1番31号 0166-31-6204
札幌統括電力センター 送電グループ 札幌市東区東苗穂5条1丁目5番8号 011-782-8316
釧路統括電力センター 送電グループ 釧路市緑ヶ岡5丁目6番9号 0154-46-3014
苫小牧統括電力センター 送電グループ 勇払郡安平町遠浅680番地10 0145-22-4119
函館統括電力センター 送電グループ 函館市富岡町1丁目2番1号 0138-43-7136
本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。