ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

法人のお客さま

函館湯の川 平成館 海羊亭 さま

函館湯の川 平成館 海羊亭 さま

歴史ある温泉街で、効率的省エネに取り組む

施設のご紹介

屋上の赤湯露天風呂

<屋上の赤湯露天風呂>

1653年に開湯した歴史ある函館の奥座敷、湯の川。
トーホウリゾート平成館海羊亭は百万ドルの夜景と異国情緒溢れる街並みを望みながら、今では目にする事も稀な赤湯を存分に満喫することができるホテルとして人気を集めています。

ヒートポンプ採用のきっかけと効果

排熱利用ヒートポンプ

<排熱利用ヒートポンプ>

当施設では毎日の温泉加温と年間を通した暖冷房空調によって、大量のエネルギーを消費しており、高効率な設備導入による省エネルギーの方策を検討していました。
そこで、給湯・外気処理では温泉排湯熱を利用した電気式ヒートポンプシステムを導入、空調では吸収式冷温水発生器の設備リニューアルで電気式ヒートポンプチラーを新たに導入しました。また、給湯・空調ともに国の補助金事業を利用し、設備導入のイニシャルコストを削減するとともに、厳しい基準をクリアするだけのポテンシャルを持った省エネシステムとしています。
2015年6月に全てのシステムが導入され、一次エネルギー換算で導入前よりも半年で約3,000GJの削減を実現しています。

また、施設の空調、給湯、厨房システムは、電気をメインとしながら複数熱源を採用し、蓄電池も導入するなどBCPに対する意識を強く持ち、省エネルギーだけでなく災害にも強い設備となっています。
トーホウリゾートグループ全体で今後も効率的なシステムを追求していき、運用面を含めて北海道電力と更なる省エネルギーに努めていきます。

【施設概要】

  • 施設名称:函館湯の川 平成館 海羊亭
  • 住所:函館市湯の川町1丁目3-8

【ご採用機器】

  • 暖冷房:空冷ヒートポンプチラー
  • 給湯:排湯熱利用ヒートポンプ
  • 厨房:スチームコンベクションオーブン など
本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。