ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

法人のお客さま

北海道ワイン さま

北海道ワインさま

地下水熱を利用した水熱源ヒートポンプで、100年先を見つめた活動を

施設のご紹介

ワインギャラリー

<ワインギャラリー>

小樽を見下ろす毛無山中腹にある北海道ワイン株式会社は、道内産のブドウにこだわったワイン作りを進めており、道内でも屈指のワイン会社として有名です。ワイン工場とギャラリーは、休日ともなると北海道産のブドウで作られたワインを求め、地元の方や観光客で賑う人気のスポットとなっています。

水熱源ヒートポンプシステム採用のきっかけと効果

冷暖房空調用ヒートポンプ

<冷暖房空調用ヒートポンプ>

同社は北海道を代表するワイン製造業者として、地球温暖化防止策への取り組みを重視しており、高効率な空調・給湯システムの検討を行っていました。
そこで、発酵し熱を帯びたワインタンクの冷却に使用する大量の地下水シャワーの排水に着目し、この冷却用水を熱源として機器洗浄用温水と事務所・ワインギャラリーの冷暖房に再利用するヒートポンプシステムを採用しました。
地下水は年間を通して10℃前後の一定した水温があり、さらに発酵熱を奪うことで12~14℃の水温を保っているので、外気温度に左右されず安定した効果を発揮すること ができます。

水熱源ヒートポンプシステムは新エネルギー・産業技術総合開発機構の「平成22年度エネルギー使用合理化事業者支援」の対象になったこともあり、導入に至りました。導入前は給湯はボイラーによる加温、暖房は灯油ストーブを使用していましたが、本システムの導入により、一次エネルギー消費量を約18%削減することができています。
また、ヒートポンプの導入後も二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金を活用し、設備の運用改善や機器導入を検討するなど、積極的にCO2排出抑制に努めています。
今後も北海道の自然を大切にしていく道内企業として、率先して環境対策に取り組んでいきます。

【施設概要】

  • 施設名称:北海道ワイン株式会社
  • 住所:小樽市朝里川温泉1丁目130番地

【ご採用機器】

  • 暖冷房:水熱源ヒートポンプ
  • 給湯:水熱源ヒートポンプ
本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。