このページの先頭です
ここから本文です

電源の特徴

火力

石炭火力

  • 世界中で豊富に採れるため、安定的に調達できる
  • 長期的な価格安定性に優れている(海外炭)
  • 発電時にCO2や窒素化合物などを発生させる

石油火力

  • 発電量を容易に調整できる
  • 埋蔵量が少なく、政情の不安定な中東に偏在しており、価格変動が激しい
  • 発電時にCO2や窒素化合物などを発生させる

火力発電について

水力

一般水力

  • 発電時にCO2を出さない
  • 雨の量などで発電できる量が変化する
  • 開発時に自然環境への配慮が必要

揚水式水力

  • 発電時にCO2を出さない
  • 電気を水の形で蓄えておくことができる
  • 開発時に自然環境への配慮が必要

水力発電について

原子力

  • 燃料供給の安定性、長期的な価格安定性に優れている
  • 発電時にCO2を出さない
  • 放射性物質を扱うので、十分な安全対策が必要

別のカテゴリページへ移動原子力情報

別のカテゴリページへ移動福島第一原子力発電所のような事故を二度と起こさないために

再生可能エネルギー

  • 発電時にCO2を出さない
  • 天候によって発電量が変化する(太陽光・風力)

再生可能エネルギーについて

ページの先頭へ